立ち方で太ももの張りを改善

“脚やせ” から “インソール調整” まで
女性の足のお悩みを解消する
健康美脚サロンAria-アリア-

レーザーで鼻粘膜を焼きました
セラピスト神山ミカです。

 

さて前回の続きですが、画像なしでどこまでお伝えできるかにチャレンジしたいと思います。(←画像作れないだけ)

立ち姿勢・歩き方を見直そう

まずは、こちらのブログでご紹介しているセルフケアで脚の内側への意識を目覚めさせて下さい。

 

それでは立ち姿勢。

ご自身の立ちやすい幅で立ちます。

つま先は正面より少しだけ外向き。
ぐらつきを減らして安定性を高めます。

そして足裏の中心、くるぶし下あたりに重心が来るように。
残りは軽く、親指と小指の付け根(拇趾球と小趾球)で支えます。

耳の横でバンザイしてみましょう、手のひらは内側です。
肋骨と骨盤を遠ざけるように伸ばします。

お尻を突き出さず下腹部が迫り出さない骨盤を立て、膣を締めるようにお腹の奥に力を入れます。
(↑壁に踵とお尻と背中をつけて腰の後ろに手のひらが入る状態、難しい方は壁で確認してみて下さいね。)

手のひらの向きを変えずに太ももの横に手を降ろします。
降ろしてから手のひらを内側に戻します。

上を向きます。
首の位置を変えずに正面を向くまで顎を降ろします。
さあ、皆さんどのようになっているでしょうか?

太ももやふくらはぎに力が入っていないニュートラルな状態、筋肉を緊張させず骨盤から下が骨で立っている感覚が正解になります。
力が抜け切れてない気がする方は、最初は外側よりも太ももの内側に意識を持つようにして下さい。
足裏や足首が硬い方はゴルフボールやストレッチでほぐしてからの方が力が抜けやすくなります。

違和感が大きい人ほど猫背や反り腰など、バランスを崩した姿勢で過ごしていると予想されます。
まずはこの姿勢を意識するように生活してみて下さい。

 

次回は歩き方です。(←延ばしてゴメン…)

SeeYa!!

 

脚やせ ふくらはぎ痩せ 下半身痩せ むくみ解消
歪み改善 体質改善 リラクゼーション
埼玉 さいたま市 緑区 東浦和 浅間下
国際興業バス/浦和・浦和美園・東川口
「脚専門」美脚サロン Aria-アリア-
https://aria-beauty.com