歩いて鍛える インナーユニット

足のむくみ脚やせ専門 美脚サロンアリア

脚大好き美脚職人 神山ミカです。



足のむくみの改善や脚やせを目指すときに忘れてはならないインナーユニット。

インナーユニットとは体幹のさらに核となる深いところに位置する内臓を囲むように覆う4つの深層筋のことを指します。



・電車やバスの揺れでふらつく
・お尻や脚が重く感じる
・よろける、つまづきやすい
・背中が丸まっている
・重いものを持っていられない
・下腹部がでている、便秘気味
・内腿に脂肪がつく

当てはまることはありますか?

本来体のバランスを保つには足や腕の筋肉だけではなく、インナーユニットが必要になります。

健康な足、美しいレッグラインを目指すにはインナーユニットが不可欠!

インナーユニットを鍛えることは整った姿勢をはじめ

・下腹部のぽっこり
・反り腰
・足裏アーチの崩れ
・足の疲れや重さ
・大きく張り出したヒップ
・代謝の低下

などを改善してくれる効果があります。




じゃあトレーニングしなければならないのか?

もちろん出来るのであればそれもGOODですが、歩行や姿勢でインナーユニットを鍛えていくこともできます。

すでに脚の筋肉が発達している状態でトレーニングをおこなうと、そこに負荷がかかりやすくなっている場合があります。

トレーニングの際も正しい場所に負荷をかけられるようにするためには、まずは日常生活で発達してしまった脚の筋肉への負荷を減らしていくこと必要です。




歩行や姿勢を変えて、インナーユニットを鍛えながら脚の筋肉の負担を減らすのがBEST!

毎日の生活動作の意識を変えていくことで、インナーユニットの強化と同時に前ももの張りやパンパンでかたいふくらはぎを改善していけるのがアリアのウォークレッスン。

ただし、すぐに改善されるわけではありません。

そして毎日の積み重ねがとても大切です。




年齢を重ねるごとにインナーユニットは衰えていきます。
脚のお悩みはもとより最近なんだか太りやすい、下半身がだる重い・・・

そんな体の変化に気になり出したら、インナーユニットを復活させましょう!