靴で足が変わる!

足のむくみ脚やせ専門 美脚サロンアリア

脚大好き美脚職人 神山ミカです。



足がむくむ、ふくらはぎがだるい、太ももが張る、足首がかたい・・・靴はこんなお悩みにも影響しています。

生活していくうえでもファッションを楽しむうえでも靴は欠かせないアイテム。

シーンに合わせて機能やデザインは変えるけど、靴で足の状態が変わるとしたら、どのような基準で靴を選んだらいいのでしょうか?


■パンプス

指先がかたまっていませんか?

足が前にすべることでむくみや外反母趾、膝の痛みや腰痛などさまざまな足のトラブルの原因になります。

パンプスを選ぶ時は足の横幅に気をつけて選ぶことがポイント。

靴の幅は少しきつく感じるくらいがベスト、甲の部分があまりおおわれていない靴は足首をおさえるストラップがついたもので足が前にすべらないよう防ぎましょう。

足にいい靴

かかとの高さは6㎝以内が理想的、ヒールの面積は広いほうが安定感が増すのでおすすめです。


■スニーカー

脱ぎ履きしやすい状態で履いていませんか?

スニーカーの場合痛みを感じにくいこともあり、ゆるめの状態で履いている方がとても多いです。

靴の中で足が前や横に動くことで指のトラブルや足の疲れにつながります。

大きめではなくフィットしたサイズを履いて、靴ひもはそのつど緩めたり締めなおすことが大切です。

かかとはしっかりサポートしてくれるかためのもの、そして指の付け根部分は柔らかく曲がるものを選びましょう。


合わない靴は必ず足を疲れさせます。

・ヒップが下がってきた
・太ももが張っている
・ふくらはぎが太い
・足首のくびれがない

エステやジムに通ってもなかなか変わらないとしたら、靴に原因があるかもしれません。

むくみや痛み、だるさをこれ以上溜めないためにも靴の選び方・履き方を変えてみましょう!