足の裏がぺったんこ

足のむくみ脚やせ専門 美脚サロンアリア

脚大好き美脚職人 神山ミカです。



足の裏、どんな形していますか?



足の裏

体を支えてくれている足の裏。

足の裏にあるくぼんだ部分ををアーチと呼びます。

本来アーチは3つあるのですが機能が低下していると分かりにくくなってしまいます。

足裏アーチ

・親指の付け根からかかとまで
・親指の付け根から小指の付け根まで
・小指の付け根からかかとまで

足の裏のアーチ、見つけられましたか?


足裏のアーチは立ったり歩いたりするときに体のバランスをとる大切な役割があります。

そしてもう一つの大切な役割が衝撃を吸収するクッションです。

動いたときの衝撃をアーチが緩和することで体への負担がおさえられています。



親指の付け根からかかとまでのアーチがない足を扁平足(へんぺいそく)親指の付け根から小指の付け根までのアーチがない足を開張足(かいちょうそく)といいます。

アーチのない真っ平な足はバランスがとりにくく、体がそれをカバーしようと無駄な筋肉をつかいます。

ももの張りやふくらはぎのこわばり、さらに肩こりや腰痛など上半身にまで影響をおよぼします。


扁平足や開帳足はこのようなトラブルの原因に大きくかかわってきます。

・足の疲れ
・冷え
・むくみ
・下半身太り
・腰痛
・膝痛
・肩こり

あなたの足の裏は大丈夫ですか?

なかなか改善しない冷えやむくみは足裏アーチの崩れからきているかもしれません。


アリアでは美脚ウォークレッスンで足の裏の状態をチェック、歩きながら足の裏の力を取り戻すサポートをさせていただきます。

いつもの歩行で軽くスリムな脚に、歩くことが楽しくなる毎日を目指すならレッツトライです!